キャッシングとカードローンとはどう違う? - 旦那に内緒で即日融資をうける方法

キャッシングとカードローンとはどう違う?
旦那に内緒で即日融資をうける方法 > キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローンとはどう違う?

カードローンの比較サイトやまとめサイトなどを見ているとカードローンという単語が出てきたり、キャッシングという単語が出てきたりしますが、カードローンとキャッシングはどう違うのでしょうか?

キャッシングとカードローンは本来は別々の意味合いです。
キャッシングとはクレジットカードのお金を借りることができる枠であるキャッシング枠を使用してお金を借りて、翌月のクレジットカードの清算日に一括して返済するように、基本的には一括で少額を借りることを指します。
また、カードローンとは「いくらまで借りることができる」という枠を事前に設定して、枠の範囲内でお金を借りて分割で返済していくということを前提としています。

しかしながら近年はクレジットカードのキャッシングもリボルビング方式と言って、キャッシング枠の利用残高に応じて毎月分割で返済していく方法が一般的です。
また、カードローンの方も、分割返済だけではなく一括での返済も簡単に行うことができるため、キャッシングがカードローン化しており、カードローンもキャッシング化していると言っても過言ではありません。

最近ではカードローンとキャッシングに意味の区別はなくなり、キャッシングをする手段としてカードローンがあるというような意味合いで使われる場合が多いです。
少額のお金を借りて手に入れるといれる方法をキャッシングと言うことが多いようで、カードを使用してATMからお金を借りることを「ATMからキャッシングをする」と言ったり、自分の口座にお金を振り込んで借りることを「振込キャッシング」などと言います。